ヒューマンデータにおけるRoHS指令対応について

印刷

ヒューマンデータにおけるRoHS指令対応について

 ヒューマンデータにおけるRoHS指令対応製品(*1)について、以下のことを実施しています。 ヒューマンデータのRoHS指令対応については、日々学習しながら遂行していく所存です。お客様のご指導を頂きなら、推進していきたいと考えております。

(*1) RoHS指令対応品のページにはRoHSロゴRoHSを表示します
(*2) アイコン製品はRoHS指令対応ではありません

番号 項目 内容 備考
1 使用部品 使用する部品はRoHS指令対応品を用いる やむを得ず代替品を用いる場合はその製造記録をシリアル番号により管理する
2 使用ハンダ 実装、手直しなどに用いるハンダは鉛を含まないものを使用する   
3 プリント基板 RoHS対応製品に用いるプリント基板は、鉛フリーハンダによる不具合リスクを軽減するため、すべて金フラッシュ品を採用します  
4 ビス類や付属品 使用するビスナットなどにはクロムなど含まないものを使用する。付属品や梱包などについてもできるだけ環境に配慮したものを使用する。   

 ヒューマンデータは上記のようなことを実施しつつ、自社の環境に対する取り組みの努力を推進します。弊社の対応品は、各EU加盟国が制定施行する法令および今後制定される国内外法への適合を保証するものではありません。全ては仕入れからの書面やメール、聞き取り調査によるものが基本です。メーカーホームページの表示にて代用することもあります。当社にて成分を分析したものではございません。当社と当社の仕入れ先さまとの信頼関係がベースになります。当社製品の信頼性もまた、当社のお客様と当社の間の信頼関係がベースになると理解しています。当社は注意深くRoHS指令対応に取り組んでおりますが、万一、現物に該当する成分が含まれていることがあったとしても当社はなにも補償せず、いかなる責任も取りません。

 弊社では、製品の成分表や類似の資料は一切お出しできませんのでどうぞご了承くださいませ。

 製品のご購入に際し入手できる資料はすべてあらかじめ公開されております外部リンク。出荷後の追加資料のご請求はお控えくださるようお願いいたします。

 輸出に関しては「該非判定(パラメータシート)について」をご覧下さい。


2019年5月30日現在、RoHS2指令への対応状況について順次調査を進めています。RoHS2指令対応が確認できている製品は下記の通りです。

2019年07月22日現在 RoHS2
番号 型番 品名 適否
1 USB-003 USB RS485/RS422変換器 適合
2 USB-003-RJ45 USB RS485/RS422 絶縁型変換器(RJ45タイプ) 適合
3 USB-010 USB RS485/RS422変換器(高速型) 適合
4 USB-010-C1 USB RS485/RS422 絶縁型変換器 JSTコネクタタイプ 適合
5 USB-013 USB/RS232変換器 適合
6 USB-029H USBアイソレータ・ 工業仕様 適合
7 USB-029H2 USB2.0 アイソレータ・工業仕様 適合
8 USB-029H2-RP USB2.0 アイソレータ・リピート機能内蔵 適合
9 USB-029L USBアイソレータ(コンパクト) 適合
10 USB-029L2 USB2.0 アイソレータ(コンパクト) 適合
11 USB-043 USBアイソレータ(基板タイプ) 適合
12 USB-302 2ポート 独立絶縁型 USB RS232C変換器 適合
13 USB-305 USB RS485/422変換器(ヘビーデューティタイプ) 適合
14 USB-503 USB RS485 絶縁型変換器(コンパクト) 適合
15 USB-53G1 USB3.0/3.1 Gen1アイソレータ(コンパクト) 適合

 

※ヒューマンデータはここに表明している内容をいつでも変更する可能性があります。またこのページの内容について過去から将来にわたってなにも保証するものではなく、現時点でのスタンスを表明するのみであります。日本国内法があるときはその法に従います。


[]

 

Copyright © 1990-2019 HuMANDATA LTD. All Rights Reserved.
HuMANDATA