Windows XP 編

印刷

Windows XP 編

ドライバのインストール方法

インストール手順の7が完了するまでは、ヒューマンデータ製品をパソコンのUSBポートに接続しないでください。

  手順、画像はUSB-034を例としています。

  1. 製品に付属のドライバCDまたはダウンロードしたファイルを開き、 ”setup.exe”を実行します。

     
  2. USBドライバ インストーラが表示されます。【次へ(N)>】をクリックしてください。

     
  3. 製品がUSBポートに接続されていない事を確認し、“製品の取り外し確認”をチェックしてください。

     
  4. 【インストール開始】をクリックしてください。

     
  5. インストールウィザードが起動します。【次へ(N)>】をクリックしてください。

     

  6. ソフトウェアのインストールのダイアログが表示されます。【続行(C)】をクリックしてください。

     
  7. デバイスドライバのインストールウィザードが完了しました。【完了】をクリックしてインストールウィザードを閉じてください。
    (Windowsから再起動するようにダイアログが表示された場合は、再起動してください)

     
  8.   製品をUSBポートに接続すると新しいハードウェアの検索ウィザードが開始されます。
     Windows Updateには接続しないので【いいえ、今回は接続しません(T)】を選択し【次へ(N)>】をクリックしてください。
     
     注意:Windows Updateへの接続設定によってはこの画面が表示されない場合があります。
     下記の【新しいデバイスの接続時にWindows Updateを検索するか確認する(A)】に設定されている場合に
     この画面が表示されます。
     【デバイスにドライバが必要な場合、確認なしに Windows Update に移動する(G)】には設定しないようにしてください。
     この設定になっている場合、手順9以降に自動的にWindows Updateにてドライバの検索が行われてしまい、
     検索に時間がかかる場合があります。
     マイコンピュータのプロパティ > ハードウェア > Windows Updateで設定画面を表示できます。

     
  9. 【ソフトウェアを自動的にインストールする(推奨)(I)】を選択し【次へ(N)>】をクリックしてください。

     
  10. ハードウェアのインストールのダイアログが表示されます。【続行(C)】をクリックしてください。

     
  11. 新しいハードウェアの検索ウィザードが完了しました。【完了】をクリックして検索ウィザードを閉じてください。

     
  12. 製品の使用準備ができると下記のメッセージが画面の右下に表示されます。


    またデバイスマネージャに製品名が表示されます。


    以上でデバイスドライバの組込が完了しましたので、当社製品が使用できるようになりました。
ページトップへ
[]

 

Copyright © 1990-2019 HuMANDATA LTD. All Rights Reserved.
HuMANDATA