LNXシリーズ 設定ツール(LNX SETTING TOOL)

印刷

LNXシリーズ設定ツール(LNX SETTING TOOL)

概要

LNXシリーズ設定ツールにより設定データをmicroSDカードに保存/読込することができます。このツールは製品付属のCDに収録されておりインストールは不要です。

LNX_SETTING_TOOL ダウンロード
(対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP)



 画面はVer2.0、LNX-204の設定例です

作成した設定データを設定用メモリカード(microSD)に挿入し、電源を入れることで自動的に設定されます。この時、設定データのバックアップファイルが設定用メモリカード(microSD)に作られます。設定データは電源を切っても保存されていますので、次回からはmicroSDカードを挿入する必要はありません。LNXシリーズの本体を交換したとき、設定用メモリカード(microSD)を使うことで、簡単に同じ設定にすることができます。
詳細につきましては各製品のマニュアルを参照してください。
 

microSDカード アクセスフロー

 

更新履歴

■Ver2.4 2020/02/24
・LNX-003M 拡張設定にModbus シリアルブロードキャスト、Modbus/TCPパイプラインの設定を追加

■Ver2.3 2019/09/02
・LNX-204 パスワード設定の英語表記を修正

■Ver2.2 2019/08/28
・LNX-204 拡張設定にパスワード設定を追加

■Ver2.1 2019/01/22
・LNX-006Aを追加

■Ver2.0 2018/06/29
・LNX-204を追加

■Ver1.9 2016/05/19
・LNX-003-24Vを追加

■Ver1.8 2016/03/15
・LNX-203を追加
・ポート番号"10002"が設定できな不具合を修正

■Ver1.7 2015/12/08
・ネットワークから設定できるように機能追加
・日本語/英語切り替え追加
・Windows 10対応

■Ver1.6 2015/09/14
・LNX-003(e),004(e)でRS485_2線式の場合、フロー制御を"None"固定に変更

■Ver1.5 2015/08/21
・LNX-202を追加
・Telnet Comポート制御(RFC2217)の設定を追加
・LNX-003(e),004(e)の2線式、4線式の設定を追加

■Ver1.4 2015/06/16
・LNX-004,LNX-004eを追加
・リモート設定(トンネリング)の接続方法の設定を追加

■Ver1.3 2015/05/11
・サブネットマスクの設定を追加
・LNX-002e,LNX-003e,LNX-003Meを追加

■Ver1.2 2015/03/17
・LNX-003Mの設定を追加

■Ver1.1 2015/01/28
・パックコントロール設定を追加
・TCPキープアライブ設定を追加
・入出力バッファクリア設定を追加

■Ver1.0 2015/01/05
初版

 


ページトップへ


[]

 

Copyright © 1990-2020 HuMANDATA LTD. All Rights Reserved.
HuMANDATA