エスペック社製 恒温槽制御アプリケーション

2019/04/17-
エスペック社の恒温槽(SH-241)をパソコンからLANまたはUSB経由で制御するためのアプリケーションです。
温度/湿度、設定温度到達後のさらし時間の設定、プログラム運転、デバッグ等ができます。
槽内温度の表示は、0℃以下:青、0〜40℃:黄、40℃以上:赤で表示されます
対応OS : Windows 10/8.1/8/7

エスペック社のRS485通信機能マニュアルから、以下の機種もSH-241とコマンドが同じであるため使用できると思います。
※当社では動作確認しておりません。
SU-221、241、261、641、661、SH-221、241、261、641、661、MC-711T、811T、LH-113、LHL-113、LHU-113、
LU-113、LCV-233、233P、243、243P、ST-110、120、STH-120

接続例

弊社USB-305LNX-004とエスペック社SH-241はストレートケーブルを使用して1:1で接続可能です。
詳しい接続情報はこちらを参照してください。

LNX-004との接続例


USB-305との接続例

その他、弊社の以下のUSB RS485/422変換器などがご利用可能です。

« 使用可能な製品例 »

ピンアサイン

RS-485信号ピン接続表
(恒温槽)
ピン番号 信号名 機能
1 SD+ 送信データ(A)
2 SD- 送信データ(B)
3 RD+ 受信データ(A)
4 RD- 受信データ(B)
5 GND グランド
6 GND グランド
7 NC (未使用)
8 NC (未使用)
9 NC (未使用)
D-Sub9ピンコネクタ
(USB-305、LNX-004共通)
ピン番号 信号名 方向 機能
1 RD+ IN 受信+
2 RD- IN 受信-
3 SD+ OUT 送信+
4 SD- OUT 送信-
5 GND - 信号グランド
6 (GND) - 内部でGNDと接続
7 (GND) - 内部でGNDと接続
8 (GND) - 内部でGNDと接続
9 (GND) - 内部でGNDと接続
CASE FG - 内部でGNDと接続

使用方法

  • エスペック社の恒温槽(SH-241)を設定をします。
    "RS485":1、"PROTOCOL":NORMAL、"ECHO BACK":OFF、"SPEED":96、"STOP":1、"DATA":8、
    "PARITY":NONE、"DELIMITER":C
    アプリケーション側の恒温槽の設定をします。

    [LNX-004を使ってLAN接続する場合]
    LNX-004とPCをLANケーブルで接続します。RS485側を恒温槽と接続します。
    LNX SETTING TOOLを使い、LNX-004を下記のように設定します。ネットワーク設定は、接続するネットワークに合わせて変更して下さい。

    恒温槽制御アプリケーションの「接続設定」をクリックし、「LAN」をチェックします。LNX-004が同一ネットワーク上に接続されている場合は、「更新」ボタンを押すとリストに表示されます。リストから接続するIPアドレスを選択し「接続」をクリックします。


    [USB-305を使ってUSB接続する場合]
    USB-305とPCをUSBケーブルで接続します。RS485側を恒温槽と接続します。
    恒温槽制御アプリケーションの「接続設定」をクリックし、「USB / LNX-VCP」をチェックします。
    USB-305が接続されているポートを選択し、「OPEN」をクリックします。
    ※LNX-VCPとは、当社LAN変換器用の仮想COMポート生成アプリケーションのことです

  • 定値運転
    温度、湿度、さらし時間を入力し「開始」または「設定値変更」をクリックします(恒温槽の電源ON時は「設定値変更」、電源OFF時は「開始」の表示になります)温度制御のみ行う場合は湿度はブランクとします。さらし時間は、設定温度到達後何分間その状態でさらしておくかを設定します。(小数点不可)
    湿度の設定は、接続する恒温槽の温湿度制御可能範囲内で設定してください。
  • STEP運転:
    最大5個まで、あらかじめ目標の温度と湿度を設定しておくことができます。
    それぞれの設定に到達し、さらし時間経過後にOKまたはNGを押すと、次の設定で運転が開始されます。
    [動作設定]
    検査せずに次のSTEPへ移行・・・さらし時間経過後、次のSTEPへ自動で移行します。
    STEP終了後電源OFF・・・運転終了後に恒温槽の電源をOFFします。
    繰り返し・・・STEPを繰り返します。回数を 0 に設定すると停止ボタンを押すまで連続します。
    湿度の範囲チェック・・・チェックなし:設定温度の±0.5℃の範囲内でさらし時間に入ります。
                チェックあり:設定温度の±0.5℃、設定湿度の±3.0%rhの範囲内でさらし時間に入ります。
  • 温度/湿度ログ:
    定値運転またはプログラム運転時に温度、湿度のログを記録できます。
  • デバッグ機能:
    任意のコマンドを恒温槽に送り、結果を取得することができます。また起動時からの送受信履歴も表示されます。
[ダウンロード] 
よろしければ、こちらからダウンロードしてご活用ください。(espctrl.exe)

[更新履歴]
Ver.5.2 2019/5/30
・恒温槽ST,STHシリーズ選択時のコマンドエラーを修正
・恒温槽の機種表示、動作中のSTEP表示を追加
Ver.5.1 2019/5/24
・恒温槽の機種選択、アドレス、デリミタの設定を追加
・さらし時間を99999分まで設定できるように変更
Ver.5.0 2019/4/22
・LNX-004に対応(LANに対応)
・STEP運転の動作設定を追加
・温度/湿度のログ画面を追加
・設定データ保存(次回起動時も前回と同じ設定で起動)
 皆さまのお役にたてば幸いです。
アプリケーションのカスタムやご要望、バグのご報告などは遠慮なくご連絡いただけると幸いです。

本アプリケーションはフリーソフトです、ご使用は皆さまの責任で(At Your Own Risk!)お願いいたします。

USB専用サイトのトップへ