ヒューマンデータ

Modbus通信確認用アプリケーション

2019/06/19-
PCからLANまたはUSB経由でModbus通信を確認するためのアプリケーションです。
Modbus RTU, ASCII, TCPの伝送モードに対応しており、送信クエリを生成することができます。
またModbus RTU, ASCIIの伝送モードでは、チェックコード(CRC)の生成も自動的に行われます。
対応OS : Windows 10/8.1/8/7
対応製品:Modbus対応 RS-485 LANコンバータ LNX-003M
     RS485/422 LANコンバータ LNX-003、LNX-003-24Vなど
     USB RS485/422変換器 USB-003、USB-010など

使用方法

  • [LNX-003Mを使ってLAN接続している場合]
    アプリケーションの「接続設定」をクリックし、「LAN」をチェックします。LNX-003Mが同一ネットワーク上に接続されている場合は、「ネットワーク検索」をクリックするとリストに表示されます。リストから接続するIPアドレスを選択し、「接続」をクリックします。「OK」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。


    [USB-003やUSB-010などを使ってUSB接続している場合]
    アプリケーションの「接続設定」をクリックし、「USB / LNX-VCP」をチェックします。USB-003が接続されているポートを選択し、「OPEN」をクリックします。
    ※LNX-VCPとは、当社LAN変換器用の仮想COMポート生成アプリケーションのことです

    シリアル通信の設定画面が表示されます。接続相手と同じ設定を選択し、「OK」ボタンをクリックします。


  • [Modbus TCPの伝送モードでコマンドを送信している例]

  • [Modbus RTUの伝送モードでコマンドを送信している例]
※LNX-003、LNX-003e、LNX-003-24V、LNX-004、LNX-004eを使用している場合、受信データが分断(改行)される場合は
パックコントロール機能を「有効」に設定すると正しく表示されます。パックコントロールについて


[ 接続例 ]
@Modbus RTU機器 : RS485(Modbus RTU)側はALNX-003M、BUSB-503と接続。
ALNX-003M : RS485(Modbus RTU)側は@Modbus RTU機器、BUSB-503と接続。LAN側はPCと接続。
BUSB-503 : RS485(Modbus RTU)側は@Modbus RTU機器、ALNX-003Mと接続。USB側はPCと接続。

PC上でLNX-003M用とUSB-503用のアプリケーションを2つ実行する。
[LNX-003M側] PCからLAN経由でコマンドを送信し、Modbus RTU機器からの受信コマンドを確認。


[USB-503側] PCからUSB経由でコマンドを送信し、Modbus RTU機器からの受信コマンドを確認。
また「通信モニタ(USB接続時のみ)」のチェックを入れ、LNX-003MとModbus RTU機器の送受信コマンドをモニタ(横取り)する。

 
 [コマンド補足]

@、AはLNX-003M側の送受信コマンドでModbus TCPのフォーマット
BはUSB-503側の受信コマンドでModbus RTUのフォーマット。橙がLNX-003Mが送信したコマンド、黒がModbus RTU機器が送信したコマンド。Modbus RTUのフォーマットはコマンド最後にチェックコードが付与される。
[ダウンロード] 
よろしければ、こちらからダウンロードしてご活用ください。

[更新履歴]
Ver.1.2 2021/9/13
・受信データの通信モニタ機能追加(USB接続時のみ)
・送受信データに日付、時間を追加できるように変更
・Modbus TCP接続時、例外エラー発生後のレスポンスコード表示に誤りがあったため修正
・レイアウト変更
Ver.1.1 2019/7/12
・LANからRS485/422を制御できる製品 LNX-003、LNX-003e、LNX-003-24V、LNX-004、LNX-004e でも
使用できるようにしました。
Ver.1.0 2019/6/19
・初版
 皆さまのお役にたてば幸いです。
アプリケーションのカスタムやご要望、バグのご報告などは遠慮なくご連絡いただけると幸いです。

本アプリケーションはフリーソフトです、ご使用は皆さまの責任で(At Your Own Risk!)お願いいたします。

USB専用サイトのトップへ