パラレル/USB 変換器 USB-006 対応アプリケーション PrintCapture

2007/10/03-

 USB-006は、一般的なプリンタインタフェースであるパラレル信号をUSBに変換する変換器です。
USB-006は仮想COMポートとして動作するため、COMポートからデータを取り込むことのできるあらゆるソフトウエアとインタフェースが可能です。
 そのなかで、米国のPrintCaptureというソフトウエアは、多くの計測器からのデータを処理し、画像として保管や印刷が可能です。
 USB-006のデモ機に付属のCDにはPrintCaptureの評価版が入っています。

(2018年6月現在 PrintCaptureが購入できなくなりました)

デジタルオシロの波形をキャプチャ例



クリックして拡大できます

内蔵プリンタで108秒かかるところを、約7秒ですみました。

 これらをキャプチャしてファイルに落とすには、ログのとれる通信ソフトでよいのですが、イメージに展開することのできるすばらしいソフトがあります。
PrintCaptureです。http://www.printcapture.com/
 評価版もありますので、ぜひお試しください。

プロット出力をキャプチャすれば多色にもなります
(これも PrintCaptureです。http://www.printcapture.com/で処理しました)

クリックして拡大できます
ご活用例1:AudioPrecision社のP1PA型ポータブルワンの印刷データをキャプチャされています 2004.10.1
ご活用例2:横河制御エンジニアリング(株)様「Monitor写撮」のご紹介 2004.10.12
クリックして拡大できます

そのほかキャプチャ例はこちらをご覧ください

PrintCaputureの法人向の購入はテガラ株式会社 ユニポス事業部へどうぞ。
(2018年6月現在 PrintCaptureが購入できなくなりました)

PRTシリーズTOPへ